小顔に見せる化粧法

小顔に見えるメイク術は、見かけだけではだめなんです。そうです、
基礎化粧からちゃんとしましょう。つまりは、肌に十分の化粧水を
染み込ませたあと、乳液でその化粧水の蒸発を防グことから始めま
しょう。肌が荒れていてはどんな小顔も美しくはないからですよね。
化粧水を塗ったら、私は5分ほどそのままにしておきます。しっかり
と化粧水をしみ込ませるためです。

続いて、小顔に見せるメイク方法ですが、まずは、下地クリームで
肌を滑らかにしてください。化粧崩れを防ぐためですが、これで
メイクの効果も上がるのですよね。続いてリキッドファンデーション
を塗りますが、顔に陰影をつけて、ラインを引き締めるためですので、
目の下からほほ骨の逆トライアングルゾーンやあごの先端に軽く
たたき込無用にしましょう。これで、顔の高い部分が強調されます
ので、顔全体が立体的になるのです。これは、小顔術には欠かせ
ない技ですよね。

その次にはほかの部分を自分の肌色にピッタリのファンデーション
で塗ります。あごの部分は、できたら、暗いシェードカラーが
お勧めです。顔のラインが引き締まるからです。さらに、顔全体に
ファンデーションを上塗りしましょう。これは、ファンデーション
がまだらにならないように、肌色を整えるためにも必要ですね。

最後は、パウダーやチークを使います。アイメイクで目を大きく
見せる方法がいいですね。これは、そこに視線が集まって、顔が
小さく見えるからですから、明るい色をアイホール全体に入れて
から、パールをまぶたの中心に丸く乗せて光らせてみましょう。
そのあと、ダークカラーを目頭から中央、目尻から中央へと入れ
ると、目が立体的に見えますし、さらにアイラインで目の輪郭を
強調し、マスカラで黒眼の上下が強調されると、目がとても目に
つくようになるのです。小顔メイクの基本は顔に立体感をつける
ことです。これを忘れないでくださいね。

当サイト人気コンテンツ

★ ローラーやマスクを使って
★ 整体で小顔の矯正
★ 髪形を考えよう
★ ダイエットで小顔に
★ 化粧法を変える
★ ボトックスによる方法


Copyright (C) 2007 小顔@解説NAVI All Rights Reserved.